健康と女性特有症状

女性の悩みを解決する池田市の【BodyCare寛和堂】
~つらい生理痛から解放されるために知っておきたいこと~

生理痛の原因は?

生理痛の原因は食肉の脂の摂取に因るものと言われています。
現在、スーパー、精肉店で売られているお肉(牛・豚・鳥)はすべてが家畜。
人が与えたエサや環境で育つため肉質・脂身の質に大きく影響を与えます。
下記の肉はできるだけ避けた方がよいでしょう。

●外国産の食肉
外国産の肉にはBSEの肉骨粉問題・抗生物質・ホルモン剤など表記されていないため安全性が不明確。女性にとってホルモン剤は、ホルモンバランスの乱れや成長に著しく変化を与え痛みを亢進させる可能性があります。

●生産者、餌が不明確
家畜を肥えさせるため遺伝子組換えした穀物やエサを与えている可能性があります。
まるでメタボの家畜を育て、その肉を食べているようなもの、メタボの脂身は男性ホルモンを強くするためホルモンバランスを崩す傾向があります。
生産者が分かれば使ったエサも調べることができます。
価格だけで決めるのは危険性が高くなるかも

生理痛に効果が期待できる食品はこれ!

生理痛でお困りの方へ食品を2つご紹介します。
① アマニ納豆
女性ホルモンの成分でもあり、身体に良い脂と言われ生理痛などの痛みの炎症反応を抑える不足しがちなオメガ3系の脂。
そして納豆、納豆の効果については、順天堂大学の研究結果によると週2回の納豆の摂取で、生理痛が20%程度少なくなったというデータがあります。

データーはこちらよりご覧いただけます(pdf)

納豆にはそれ以外にもイソフラボンの働きによりイライラや不安など生理前の症状も緩和されたという報告もあります。
アマニオイルと納豆、この2つの食材は生理痛緩和にとても相性が良いので週2回は摂ってみると良いかもしれません。

②ホットジンジャー
生姜を加熱すると抽出される“ショウガオール”いう成分が生理痛の原因とされる生理活性物質のプロスタグランジンE2の働きを阻害する働きがあることがアメリカの学会の研究結果でも発表されていまし、“インドメタシン”に匹敵するくらい解熱・抗炎症作用があります。
生理痛でお悩みの方は

サラダ油・紅花・コーン油などを減らしアマニ納豆を摂る。
そしてホットジンジャーを飲んでショウガオール摂取するようにしてください。

日常生活に取り入れることで今まで悩んでいた生理痛が解決につながります。
一度お試しください。

もし、これで改善できない場合は、摂った栄養素を身体が吸収できていないかもしれません。
そういう時こそ 寛和堂の整体で全身を整え内臓をしっかり機能させ大切な栄養を吸収できるようにしましょう。
生理前の不調な時期を普段通り過ごすためのポイント

女性の多くは生理前になると何かしらの不調を感じています。
排卵期が過ぎ生理がはじまる2~10日前に不調がある場合PMSです。
生理前に気を付けるべき食べ物
生理前の食事を気を付けることで生理が軽くなります。
塩分・糖分そして脂質の多い食事は月経血の質を悪化させ粘度が高くなった経血は
膣からスムーズにでなくなり子宮が押し出そうとし強く収縮するため痛みが生じます。
生理前の食事を気を付けることで生理が軽くなります。
●コーヒ・チョコレートなどのカフェインは控える
カフェインは交感神経を活発にします、生理前のイライラを増幅させるので夕方以降は控える。
●お菓子類、ファーストフード、カップラーメンなど、塩分の多い食品を避ける
生理前、体内に水分を溜め込みやすく塩分、油分の偏った食事はむくみの原因になる。
●身体を冷やす飲み物、食べ物は控える
ビールの原料、麦は身体を冷やす作用があります。
バナナ、メロンなどのように南国の果物は身体を冷やします。
●牛乳、チーズ、ヨーグルトなど乳製品は控える
生理痛の原因となる脂肪分は経血の粘度を高める素となります。

生理前の食生活が原因で体調に変化が表われます。ほんの少し意識すると楽に生理の時期を過ごせると思います。

生活習慣の面では
●朝起きた時、朝日(日光)を浴びて身体のリズムを整える
●リフレッシュするため自分の好きなことができる自由な時間を作る
●眠たい時には眠る(無理は禁物)

生理痛を和らげる方法は、難しくありません。
自分の身体や心の声(メッセージ)を聞いて、良い環境を作ってあげることが大切です。

ご予約・お問い合わせ

女性のお悩みを整体で解決。
池田市で美容整体・小顔・O脚・骨盤矯正・PMS・不妊症にお悩みなら
お気軽にBodyCare寛和堂にお問い合わせください。
Tel:072-735-7764
お問い合わせのページへ