健康と女性特有症状

女性の悩みを解決する池田市の【BodyCare寛和堂】
~生理痛を和らげる方法~

毎月、訪れる生理。この時期、女性とって不快と感じる方は多いと思います。
“生理なんて痛いし来るのが怖い、生理なんて来なければ良いのに”と
しかし、女性にとっては“大切な生理”。

意外にも知られていない“生理のはたらき”

そのはたらきとは?
身体にとって余分なものを月経血と一緒に排出してくれるのです。
余分なものとは
・塩分
・水分
・糖分

前回の生理終了からの生活習慣・食生活などの結果身体に不要なものがすべてが出てきます。
前々回の記事でも書いたように生理は、身体の状態のを表すバロメーターなのです。

多くの女性が悩む生理痛、生活に影響を及ぼし痛み止めを服用しても効果なくひどい場合は、子宮内膜症・子宮筋腫などの病気が潜んでいる可能性があります。病院での受診をお勧めします。

病院の診察

病院で受診するとまず、検査を受けることになります。
子宮内膜症や子宮筋腫の有無は超音波で調べ、子宮内膜症の疑いがある場合は採血で血中にCA125の物質を調べます。子宮内膜症が進行するとCA125という物質が上昇します。
子宮・卵巣への検査は超音波検査で異常がないかも調べられます。

生理痛に対しての治療法は、投薬治療になり痛み止めとしてイブプロフェンやロキソニンが処方されますが痛み止めが効かない人にはピルが処方されます。治療と言っても痛みを和らげるだけです。

生理痛でお悩みの方、つらくなる環境を作っていませんか?

●身体を締め付ける下着、ストッキングなど普段身に着ける
 身体を冷やしたり締め付けると血行が悪くなります。
●スーパーやコンビニなどのお惣菜などを食事を済ませ栄養が偏っている
●残業や遊びで夜、帰りが遅くなり不規則な生活リズム
●汗をかかない生活(運動不足)
毎日、忙しさのあまり食生活を含めた生活習慣やご自分の身体への意識が薄れていませんか?

ご自身で生活習慣や身体を観察してください。生理痛を軽減させる何かを発見できるかもしれません。
生理前の不調な時期を普段通り過ごすためのポイント

女性の多くは生理前になると何かしらの不調を感じています。
排卵期が過ぎ生理がはじまる2~10日前に不調がある場合PMSです。
生理前に気を付けるべき食べ物
生理前の食事を気を付けることで生理が軽くなります。
塩分・糖分そして脂質の多い食事は月経血の質を悪化させ粘度が高くなった経血は
膣からスムーズにでなくなり子宮が押し出そうとし強く収縮するため痛みが生じます。
生理前の食事を気を付けることで生理が軽くなります。
●コーヒ・チョコレートなどのカフェインは控える
カフェインは交感神経を活発にします、生理前のイライラを増幅させるので夕方以降は控える。
●お菓子類、ファーストフード、カップラーメンなど、塩分の多い食品を避ける
生理前、体内に水分を溜め込みやすく塩分、油分の偏った食事はむくみの原因になる。
●身体を冷やす飲み物、食べ物は控える
ビールの原料、麦は身体を冷やす作用があります。
バナナ、メロンなどのように南国の果物は身体を冷やします。
●牛乳、チーズ、ヨーグルトなど乳製品は控える
生理痛の原因となる脂肪分は経血の粘度を高める素となります。

生理前の食生活が原因で体調に変化が表われます。ほんの少し意識すると楽に生理の時期を過ごせると思います。

生活習慣の面では
●朝起きた時、朝日(日光)を浴びて身体のリズムを整える
●リフレッシュするため自分の好きなことができる自由な時間を作る
●眠たい時には眠る(無理は禁物)

生理痛を和らげる方法は、難しくありません。
自分の身体や心の声(メッセージ)を聞いて、良い環境を作ってあげることが大切です。
生理前の不調な時期を普段通り過ごすためのポイント

女性の多くは生理前になると何かしらの不調を感じています。
排卵期が過ぎ生理がはじまる2~10日前に不調がある場合PMSです。
生理前に気を付けるべき食べ物
生理前の食事を気を付けることで生理が軽くなります。
塩分・糖分そして脂質の多い食事は月経血の質を悪化させ粘度が高くなった経血は
膣からスムーズにでなくなり子宮が押し出そうとし強く収縮するため痛みが生じます。
生理前の食事を気を付けることで生理が軽くなります。
●コーヒ・チョコレートなどのカフェインは控える
カフェインは交感神経を活発にします、生理前のイライラを増幅させるので夕方以降は控える。
●お菓子類、ファーストフード、カップラーメンなど、塩分の多い食品を避ける
生理前、体内に水分を溜め込みやすく塩分、油分の偏った食事はむくみの原因になる。
●身体を冷やす飲み物、食べ物は控える
ビールの原料、麦は身体を冷やす作用があります。
バナナ、メロンなどのように南国の果物は身体を冷やします。
●牛乳、チーズ、ヨーグルトなど乳製品は控える
生理痛の原因となる脂肪分は経血の粘度を高める素となります。

生理前の食生活が原因で体調に変化が表われます。ほんの少し意識すると楽に生理の時期を過ごせると思います。

生活習慣の面では
●朝起きた時、朝日(日光)を浴びて身体のリズムを整える
●リフレッシュするため自分の好きなことができる自由な時間を作る
●眠たい時には眠る(無理は禁物)

生理痛を和らげる方法は、難しくありません。
自分の身体や心の声(メッセージ)を聞いて、良い環境を作ってあげることが大切です。

ご予約・お問い合わせ

女性のお悩みを整体で解決。
池田市で美容整体・小顔・O脚・骨盤矯正・PMS・不妊症にお悩みなら
お気軽にBodyCare寛和堂にお問い合わせください。
Tel:072-735-7764
お問い合わせのページへ