ブログ
(美容と健康一口メモ)

お身体のお悩みに役立つ情報をお届けします

病院の不妊治療(タイミング法)について

不妊治療の4ステップ~タイミング法とは?

現在、日本国内で不妊治療を受けているとされる女性は約50万人近くいます。レディースクリニックで妊娠できずらい身体と診断されると不妊治療を受けることになります。

不妊治療には段階があり まず、健康保険適用とされるタイミング法という軽い治療から始まり、次の段階では健康保険適用外の人工授精→体外受精→顕微授精と進み自身の身体に合った治療法を模索していきます。 
不妊治療の第1ステップの【タイミング法】

タイミング法は「妊娠しやすいタイミング」基礎体温を測り超音波検査やホルモン検査を行い排卵日を特定し性交渉を行う方法です。卵子が排卵し受精妊娠できるまでの時間は24時間。その24時間内に精子と受精させることがタイミング法という治療法の目的です。自分で基礎体温を測りタイミング法を試すことはできますが、生理周期やホルモンバランスの乱れで排卵日の特定が難しい場合、排卵誘発剤を使って妊娠率上げる場合もあります。
ペースはどよのうに進めるのか

タイミング法は毎日測る基礎体温と生理周期から毎月1回の排卵日を予測し性交渉を行い、そのあと妊娠反応の確認します。これを約半年から1年繰り返し続けていきます。1年続けても妊娠できない場合は、それ以上続けてもタイミング法で妊娠できる可能性は低いので次のステップの人工授精に進むことになります。
成功する確率について

成功の確率については、個人差があり、1回で成功する方もいれば、何度も挑戦して成功する場合もあります。卵子と精子の質(元気かどうか)に関係するので、1回目より2回目とだんだん成功率は下がっていきます。

治療に臨めば妊娠できるというものではなく、母親自身がご自身で体質を改善していくのも必要になってきます。

ご予約・お問い合わせ

女性のお悩みを整体で解決。
池田市で美容整体・小顔・O脚・骨盤矯正・PMS・不妊症にお悩みなら
お気軽にBodyCare寛和堂にお問い合わせください。
Tel:072-735-7764
お問い合わせのページへ
ご予約のページへ