ブログ
(美容と健康一口メモ)

お身体のお悩みに役立つ情報をお届けします

女性のお悩みの多くは“O脚”
その原因、実は体軸重心のズレかも⁉️

忘れられている“重力”
この重力は私たち生きるために必要な酸素を地球上に留め、また日常生活を送るうえで筋肉に刺激を与え衰えることを防いでくれます。
私たちはこの地球上で生まれてから重力から一瞬でも逃れられた人は、いないでしょう。宇宙飛行士は別ですが・・・。
整体を受けると必ず良い姿勢を意識することをアドバイスされます。
しかし、最初のうちは意識して姿勢を正していても ほとんどの人は途中で疲れて不自然な姿勢に戻ります。不自然な姿勢は運動機能、内臓機能には良くないことを解っているはずなのに・・・。
重力にカラダの筋肉が負けてしまっているのです。
骨格はカラダの形を形成するため、筋肉は骨格(バランス)を支え、関節を調整するために機能します。
そこで私たちのカラダの筋肉がナゼ重力に負けでしまうのか、そのあたりを解説していきます。
ナゼ重力にカラダの筋肉が負けてしまうのか?
私たちは子供のころ「姿勢を正しくしなさい」とよく言われたものです。
でも気が付くと背中が丸くなっていました。
正しい姿勢を維持するのは疲れますよね。
その疲れには理由があるからなのです。
その理由とは、結論からいうと筋肉を緊張させて正しい姿勢を維持しているからなのです。 
本来、正しい姿勢は 骨格や筋肉が本来の位置に戻りニュートラル状態なります。
ニュートラル状態になった筋肉は緊張が解れリラックスするのですが、リラックスできないのは体軸重心がズレていることが原因
体軸重心がズレることでと使われる筋肉に偏りが生じ、筋肉は解れる機会を失い 緊張状態が続きます。
そうなると筋肉の負担が大きくなり、疲労が蓄積され正しい姿勢が維持できなくなるのです。
体軸重心とは
体軸重心が整った状態は、骨格に体重や重力が乗った状態を言います。
この状態になると、体幹筋がしっかりと機能し始めカラダのバランスと内臓を正しい位置に保つようになるのです。
ヒトは2本の足で立っているため 踵には体重の約97%の負荷が また、それと同時に地面からの反発力も踵に掛かっています。
歩いたり、走ったり、跳んだりするとその衝撃や負荷は何十倍にもなります。
体軸重心がズレてしまうとその負荷は更に増加 その結果、踵の骨は内側に歪んでしまいます。


体幹筋とは
体幹筋は骨格筋のうち、体幹に属する筋肉を総称したもの 内臓を支える機能と共に運動時のバランスを取る機能を持つ
体幹筋の機能が低下すると内臓を支えることができず内臓下垂、変位を起こし内臓機能低下、体調不良につながる。また運動時バランスを保つことが出来ず、運動が不安定になり、パフォーマンスの低下につながる。
体幹筋の主な一例
前体幹筋〜腹直筋、腹横筋、腹斜筋、大胸筋
後体幹筋〜広背筋、脊柱起立筋、僧帽筋
踵の骨の歪みを骨格のバランス面で考えると、踵の骨が歪むと距骨の上下にある関節、距骨下関節・距腿関節の負荷が大きくなり不安定になりその歪みは足首・膝関節・股関節と上方に行くと増幅され骨盤の歪みにまで及んでしまいます。
その結果、骨盤が開き股関節・膝関節・足関節(足首)に歪みが生じO脚に至ります。
また足首周辺の筋肉は不安定になった関節を安定させようと緊張し続けることになり、その緊張が筋膜組織のつながりにより全身の筋肉をも緊張させる結果となり頭痛・肩こり・腰痛 更には美容にまで悪い影響を与えます。
踵への施術で小顔の効果が出た事例もあります。
最初のテーマに記した“O脚”についてですが
よくO脚矯正の看板を目にします。
以前にコラムで矯正と調整の違いについて記したことがあります。
“矯正と調整”文字をだけを見ると効果がありそうなのは、やっぱり“矯正”ですよね。
矯正は変形している部位に瞬間圧や持続圧など力を加え本来の状態・位置へ戻す手技です。
それに対し調整は、原因となる部位へ弱い刺激でアプローチする。
施術を受けた感も矯正が優位かも⁈
しかし、“O脚になる”原因を考えると膝への矯正だけで解消されるでしょうか?
綺麗な姿・姿勢を維持するためには全身のバランスを整えることが必要不可欠
寛和堂は頭の先から足の指の先まで全身へアプローチ 体軸重心を整え重力に負けないカラダづくりのお手伝いをします。

〇〇〇

テキスト入力

見出し2

テキスト入力

ご予約・お問い合わせ

女性のお悩みを整体で解決。
池田市で美容整体・小顔・O脚・骨盤矯正・PMS・不妊症にお悩みなら
お気軽にBodyCare寛和堂にお問い合わせください。
Tel:072-735-7764
お問い合わせのページへ
ご予約のページへ